突発性難聴

患者様から難聴でご相談がありました。
高齢者を診ているので比較的多いご相談です。

耳が聞こえにくいのは以前から何となく感じていたけれど、ここ数ヵ月で急に進行した。それをお孫さんに言うと「爺ちゃん突発性難聴だー!大変だ」と驚かされて耳鼻科を受診したそうです。

医師からは「歳ですね。それと耳管開放症。」

治療法は特には無いそうで、「聞き辛かったら(亡くなった)奥さんが使っていた補聴器を(調整して)使いなさい」とか何とか言われたんだとか。

患者様は、「そんな補聴器なんて棺桶にくれてやりましたよ!」って医師に言って帰ったそうです。

そういう報告を私に笑いながら言っていましたが、結構な思いが伝わりました(^-^;

難聴以外にも食事をしてても飲み込み(嚥下)がしにくくなったと色々とご相談。

さて、私の場合ですが聴覚は側頭骨を重要視しています(他にもありますが,,,,)。聴覚や平衡感覚の受容器がそこに収まっているわけですから、その側頭骨のアライメントはどうなのか?は必ず診ています。側頭骨を話すと長くなるのですが、簡単には側頭骨も他の骨同様に(一次、二次)呼吸に合わせて動いています。側頭骨の場合は内旋と外旋と。側頭骨の中には受容器以外にも、重要な神経系や静脈洞があります。

そんな大切な部位がどうしたら制限が生じるのかを考えると、外せないのが胸鎖乳突筋(SCM)です。難聴のご相談以外にもあった、嚥下機能やその嚥下に重要な舌骨上筋群にも影響を与えいます。

SCMだけをやったわけではなく、経絡や運動連鎖から関わる部位は治療した上で、最終SCMをリリースし側頭骨と舌骨の調整。

患者様へ、「(喋っている)声が綺麗に大きくなりましたね。」と伝えると、

あ、ホント。出しやすくなった。違和感も楽になっていると、喜んでいました。

患者様、楽になって良かったですね(^-^)
引き続き頑張りましょう👍

(右側の側頭骨の図)

(胸鎖骨乳突筋の図)

(舌骨上筋群の図)

お友達募集中です‼️
友だち追加

お金に変えられない価値

私の専業は往診ですが、予約診療も行っています。

一回の施術料は5000円。

施術時間は30分~40分ですが料金は一律です。患者様の状態や感性に合わせるので時間にばらつきがあります。このやり方は開業当初の10年前も今も同じ。そして値段も同じです。

これが高いと思うか安いと思うかは別として。

本日最終の患者様は20代のサラリーマン。とても真面目なお人柄が身体に表れています。疲れきるまで働いて得た給与から、5000円をいただくわけです。とっても貴重なお金。

お金と時間を掛けて、私のような施術師に自身の健康のために投資をしてくれると考えるとありがたい話だと思いませんか?患者様の日々の努力が詰まった大切なお金なんですよね。

SNSをやっていて悲しいのが、毎月の売上が何十万アップのノウハウ教えますや何百万の売上がという広告。往診でも同じです。

患者様が、ではなくて、お金が、と聞くととても悲しい。1日数名で儲かる不妊治療っていう広告にはかなり怒りました。本当に困っている人が見たらどうなの。

儲かりたいから業界でやっているんじゃなくて、利益は自分の努力を支持してくれる方々からいただいているもの。つまり自分が稼いでいるんじゃないんです。「いただいている。」

目の前にいる辛い方々を楽にして人生をより良いものにする為に我々施術師がいるんじゃないのでしょうか。

こう言うと、従業員は暑苦しい院長と思うでしょうけど、そう思う以上の行動を私はやって来て、そう感じるから伝えているんです。お金を考えないと経営は成り立たないのですが、それを最終結果にしてはいけません。

患者様を想う気持ちが物事の基本であり、全ての結果になるんだと思います。

だからいつもありがたい気持ちを忘れず努力を続けたい、そういただいて感じました。

友だち追加

赤いお守り

仕事始めの1月2日、業務の合間に初詣をしました。今年の運勢は中吉でまずまず。健康運は「無理は禁物」と書いていて、前厄なので気を付けないといけない、と言われている気持ちになりました。幸運の鍵は「赤いお守り」、という事で素直に購入し仕事鞄に付けていました。

ある往診先の患者様が年末に肋骨の不全骨折をされてとても落ち込んでいたのですが、気になりながら年始は4日に訪問しました。

まだ精神的に落ち込みが目立ち、1週前と比較してちょっと変化に乏しい。患者様の訴えを聴きながら、患者様の精神力を高める何か良い方法はないか?と考え、とっさに鞄から赤いお守りを外して患者様に渡しました。

○○さん、先日住吉さんに行って○○さんが早く治るように祈願してきましたよ👍これで大丈夫ですからね。○○さんは赤が良くお似合いです(^-^)

と伝え、側に置いていた患者様の携帯電話のストラップに付けました。

患者様はとても喜んで下さり、お守りを顔に近付けじっくり見ては頬に当てていました。

それから一週後の本日。

だいぶ回復し、落ち着きを取り戻されていました。先生、頚が痛いんですねん、といつものように言って下さり、骨折部に影響が出ない範囲で頚肩部に治療を加えました。本日(1月11日)、病院を受診をされるとの事でしたので、結果を聞いたらより安心される事でしょう。

幸運の鍵は「赤いお守り」か。
まんざら間違いでもなく、おみくじは当たったようですね(^-^)

一人の患者様の支えに少しでもお役に立てたかな⁉と思います。

患者様を中心に、ご家族様、介護スタッフ様やケアマネージャー様、主治医の先生と地域医療のネットワーク、看護師様、そして私のような施術師がいます。

そんな中で私は何が出来るのかを考えたい。家族や従業員なども同様にです。

それが幸せで、幸運の鍵だと。

幸せは与えられるものではなくて、自身の心が決めます。今日も患者様が喜んで下さりとても良かった。そう素直に幸せを感じます。

#赤いお守り

友だち追加

肩関節脱臼の患者様

様々な患者様を見させていただいているのですが、本日の患者様は大正10年のお生まれでお身体がこれまでを物語っていました。

四肢のMMTと関節可動域の検査のため、右上肢を少し動かすと、肩関節付近の雑音が手に伝わりました。

あれ⁉と思い肩をチェックすると、右肩を関節が前方脱臼しているのが分かりました。いつ発症したものかは不明です。他にも色々と症状があって、あちこち痛かったのを我慢されて来たんだと思うと目頭が熱くなりましたが、感情移入してはいけないと、患部の検査を続けました。

高齢者の肩関節脱臼は比較的多く、発症しても分からなかったり、整復するのも骨折リスクや再発率が高いのでそのままの場合が多いです。そして自動運動が減るため関節は癒着し、その状態で固定されます。

肩関節は筋に依存した関節で関節窩が浅い。様々な動きが行える可動性を獲得した反面、ちょっとした外力などで脱臼しやすい関節。高齢者の場合は腱板という筋肉が断裂している事が多く、お背中も円背し肩関節に負荷が掛かり続けるので、ちょっとした事や自然に脱臼しても不思議ではありません。

いつも思いますが、お会いした際は皆さんお辛かったですね、と感じます 。長年の症状を楽にすることは簡単ではありませんし、治せる所と治せない所はあります。でも、必ず楽にしてあげたい。保証は言ったらいけないんでしょうが、私はお辛い状態が楽になる事を約束します。私の施術院に出会って良かった、人生が良い方向に変わった、そう思っていただけるように最善を尽くします。

患者様には残りの人生を最後まで楽しんでいただきたい。

#肩関節脱臼 #高齢者

友だち追加

考えと想いを

本日最後の患者様

脉診すると、肝実脾虚、気滞。腹診は左の天枢に強い抵抗がありました。

患者様に、だいぶストレスが溜まってるみたいですけど何かありましたか?と聞くと、実は、、と話をしてくださいました。

「みんな自分さえ良ければ良い?学校だと冬休みがありその間の飼育小屋の動物たちはどうなるの?これまでも生き物をほったらかして飢えているのに。それで教育者と言えるのか。命の大切さを教える立場の人間が、目の前にある命を大切に考えなくて矛盾している。生き物が心地良くない環境はそこに通う子供達にも同様に言えないか⁉だから上の者に言ったんです。そしたら、自分は休みだからとか、担当じゃないとか、動物は好きじゃないとかって言う感覚はおかしくないですか?それとも私の感覚が間違っているの?」

そう言っていました。

◯◯さんの感覚は間違っていませんし、私も同じように思います。そう伝えました。

教師は年間5000名程の精神疾患で休職者が出ているそうです。その分犯罪も耳にしますね。

大変なストレスを抱えているんでしょうが、どの時代もどの環境であってもストレスは掛かります。私が思うにストレスの現場に目を向けるのではなくて、その人自身が変わらないと何も変わらないと思います。考え方や行動であったり身体もです。

出来ることはありますよ。身体を治す事です。簡単ではありませんが、生活習慣や摂取する食であったり運動器の状態であったりやれることは沢山あります。身体が変われば精神も変わり、身体機能は精神の抵抗力とも言えます。

これをやらないないのは勿体ない。周囲に無関心となるのにも理由があります。

そういう考えになる理由が必ずあるんです。

目を背けないで周囲(環境要因)のせいにしてはいけない。

周囲に変化を求めても変わりません。だから自身が変わらなけれならないのです。そうすれば周囲は変わって行きます。周囲は変わってないかもしれません。でも変わったと感じるんです。それは自身の心身の良い変化です。

何事も「求めない」

求めるから不平不満が生じ、その負のエナジーが自身を壊して行くのです。

求めない。でも私に何が出来るのか?

そう考えると違うでしょ⁉

だから私はいつも自分は何が出来るのか?を考え、その答えを行動に移します。

ストレスをストレスではなく遣り甲斐に感じる事で、それが生き甲斐になると思います。

#ストレス
#生き甲斐

友だち追加

松果体

施術をしていると不思議な感覚が頭を過ります。午前の施術時もありました。この患者様、松果体のリリースが必要だと。

でも松果体のリリーステクニックって知りません。じゃあこれまでの知識を駆使して考えれば良いんじゃないか⁉と思いやってみました。

そもそも松果体は何ですか?ですが、左右の視床に挟まれて視床後部の一部を構成します。大きさは8㎜程度でグリーンピースやとうもろこしの粒くらいだそうです。

医学的には、メラトニンというホルモンが作られる場所。このメラトニンがかなり重要なホルモンで、睡眠や精神、免疫にも作用しています。

年を取るとメラトニンの量が減るから高齢者特有の様々な症状がでます。高齢者に限った事ではありませんが、恒常性維持機能にはとっても重要。

松果体周囲のドレナージを先ずやらないといけない。松果体の位置まで行くにはどうすれば良いだろう?

S静脈静脈洞→横静脈洞→静脈洞交会→直静脈洞→サザーランド視点→大大脳静脈、、、、

松果体に近づきました。順番にドレナージをします。

そして、バイオダイナミクスで松果体の場所に意識をフォーカスし、松果体ー百会ー印堂を結ぶトライアングルを作り気を取り込んで送ります。そして前頭縫合リリーステクニックでチャクラの開眼を意識しました。

その辺りで患者様は呼吸が変わり深い眠りに落ちたので、暫くそっとしておいて寝てもらいました。ほんの数分です。2~3分くらいと思います。

目が覚めて起きていただき、本日訴えのあった腰の痛みを聞くと、痛みはなく背筋が伸びたと。暫くまだボーッとしていたのでそれ以外は何も聞くことはせず、脉状だけ確認しました。とても気持ちの良い脉でした。

どのくらいの効果が出ているかは分からないので、明日話を聞いてみようと思います。

この投稿を見る人によってはわけの分からない事を述べていると思うでしょう。頭おかしくなったんじゃないの?と思われるかも知れませんね。でも、私たちの考えている事全ては常識ではなくて非常識なんです。常識って自身の知識や価値観でそう決めている事であって、経験を積んでいけば数年前の事は非常識だった事って結構あります。だからいつも考えては実践する必要があると私は思います。

さて、午後も頑張ります(^-^)

#松果体
#静脈洞

友だち追加

在宅往診

在宅往診、いつもそこのご主人がコーヒーを入れて下さります。今日のご主人は夜勤明けでフラフラの所、私に気を使って入れて下さりました。ホントありがたい。私には勿体ない。

いつもお疲れで各所に痛みがあるんですが、今日は前腕が疼くと言っていたので、少し治療をしました。

筋疲労で前腕が腫れてコンパートメント症状でした。熱感があるので散鍼とローラー鍼後、オステオパシーで圧迫している膜をリリースしました。流れ出す感覚が分かるようで気持ちが良いと。

こんなになるまでお仕事を頑張っているんです。ご主人のような方々が世の中にはたくさん居る事でしょう。自分の為じゃなくてご家族、特に奥様為に懸命に頑張っておられるんだなと。膜をリリースする際にそう伝わって来ました。

自分の為じゃなくて誰かの為に行動をする。
そういう人を見ると、あーいいなって思いますね。ご主人を見習って私も頑張ります。

#在宅往診
#訪問鍼灸マッサージ
#コンパートメント

友だち追加

トラウマ

本日の業務終了(^-^)

私は有り難いことに様々な症状の患者様を診させていただいています。今の会社をやっていなければ経験出来なかった事だと思います。いつも困難の連続で、その都度悩み、自身を振り返る連続があって、今こうしてやって行けていると感じます。そして、ゆっくりですが着実に対応できる症例が増え、臨床家としての道を歩む事が出来ています。これも継続あっての事かなと。とても有り難いことです。

臨床経験を重ねる度、#トラウマ という部分が回復の壁になっているのではないのか⁉と、感じ始めました。そしてその考えが間違いではない、このトラウマに対する治療的アプローチが必要だと確信し、今勉強を続けています。

今日の最終は予約診療の患者様でした。強い緊張が全身に生じていて、筋筋膜や硬膜は痛々しい状況でした。

左側臥位で胃の大弯を触ると重たい。そして仰臥位で各所をチェックし施術を開始。目的の周囲からゆっくり開始し、食道下部と小弯に感じアプローチ。そして下顎と下顎枝の嫌な感じがする所を触れ減圧。

すると緊張は取れ、胃経ラインはスムースでした。脉状の安定し呼吸も楽に行えています。

問題ないと判断し終了。

終わってからの話で、幼少期に顎の怪我で縫合の経験があったそうで、縫合する医師の様子や痛みが今も覚えているそう。それ以降、胃が弱く、ストレスを感じると胃が悪くなるそうです。胃をリリースすると、顎に違和感があったらしく、顎の治療が心地よかったとの事。どうりで手が行くわけですね。

患者様は、今日の治療を受けてそう言えば、、と、話をして下さいました。そうだ‼だからか〰、と実感され喜んでいました。何か抜けた感じがすると。

そう一つ一つ考えていくと施術って深いです。ホント深い。

それを感じさせて下さって、学びを下さる事に感謝します。

私が思うに、誰かに習ったという事以上に、患者様から多くの事を学ばせていただいています。こういう環境を与えて下さり、神様は私に何をしろって言ってんだか(^-^)

私に与えられた役割だと思い、今日の経験を明日に生かしたいと思います。

#トラウマ #鍼灸マッサージ #オステオパシー

友だち追加

アルツハイマー型認知症の患者様

アルツハイマー型認知症の患者様を受け持っていまして、そのご主人はとても愛妻家でいつも患者様の事を気に掛けて施術中も様子を見ています。風邪を拗らして症状の変動があったのですがようやく落ち着いて来ました。施術後には今の状態をご主人に説明をしてから退出します。

ご主人はとても論理的な方で、専門職としての意見を言うと納得し、倍ほど年の離れた私を信頼して下さっています。いつも心配されていると先々がご不安でしょうから、そういうご家族様へのフォローも大切な事です。患者様がどういう状態であって、施術は何を目的にやっていて、どういう変化をしているか、そして今後はどうしなければならないのか、生活面では何に気を付けないといけないか、を説明しています。

患者様はとても痩せていて無動で全介助。身体は硬直し強い緊張が生じています。表情は険しく息もやりにくいご様子です。また嚥下や排痰も暫く機能低下により厳しい状況でしたが、顔色や応答も良くなってきて、嚥下も出来ているようでした。

私たちは痛かったら痛いと言えますし、不快であれば楽になるように動いたり出来ますよね⁉でもこの患者様は、自身の状況が分からないのです。苦しくて辛くいつも恐怖感がありそれも何なのか分からない。ご主人もそう思っているようでいつも辛そうな自分の妻を見ては優しく声を掛けています。

私は、患者様の状況から代弁者として痛いところに手を差し伸べ施術し、苦しい体勢をポジショニングで整え、呼吸を楽にし、身体の緊張を落ち着かせる。必要な機能訓練をしADLの維持に最善を尽くしています。

今日は腰をリリースすると呼吸や筋緊張が安定していました。腰が余程お辛かったんでしょうね。ご主人とそうお話をしながら施術していると穏やかな表情になり、声を掛けると笑顔で反応して下さりました。それを見たご主人も嬉しそうでした。

私たちにとっては何気ない1日かも知れませんが、患者様やそのご家族様にとってはそうではないでしょう。一回一回の介入で患者様の生活を変えられる事があります。私に出来ることは行いたい。

神戸線が人身事故で遅延し、ようやく午後の往診先に到着しました。この後も頑張ります。

#認知症 #バリデーション #ユマニチュード #訪問鍼灸マッサージ #機能訓練

友だち追加

幸せってなにでしょう⁉

今日の患者様

患者様「先生、えらい久し振りだ事(^-^)
いつも来ないなー来ないなーって待ってるのよー。」

私「◯◯さん、先週も来ていますよ‼毎週火曜に来てますからね(笑) 」

患者様「もうすっかりボケちゃって困ってるのよ。これが認知症ってやつなの?」

私「いえいえ、ボケちゃったらボケた事すら分からないので、◯◯さんは認知症ではないですよ👍一時的な物忘れですからね。」(ボケるという表現は適切ではないのですが、患者様の会話に合わせるためご理解下さい。)

患者様「あらそーお⁉なら良いんだけど、このままボケちゃたらどうしようかと思ってね‼恐くってね。」

高齢者の多くが、分からなくなって行く不安で強いストレスを感じています。でも治療後に体調が回復するに連れて記憶も戻り意識もはっきりすることが多く、いかに身体機能と認知機能が関わりあっているのが分かります。認知症の方も症状が落ち着かれます。

この患者様のは、ホント精一杯生きているって感じる人で、なるべく自分で出来ることをして自立した生活をされています。本当ならそうは出来ないと思います。今を生きる事に全精力を使っているので、物忘れも増えて当然なんです。今よりも状態が優れない期間は今と全く違いましたから。

この患者様、

「幸せってなんだろうね⁉先生。」って突然言いました。

私「考え方は色々ありますけど、出来ることが幸せだと思いますよ。息が吸えないご病気の患者様はね、息が吸いたいって訴えていました。食事が出来ない患者様はね、お腹いっぱいご飯が食べたいって言っています。

何にしても出来ることがあるっていうことが幸せなんじゃないですか?◯◯さん。

◯◯さんはこうして自分自身で頑張ってやっているでしょ?これは素晴らしい事なんですよ。僕は尊敬していますよ‼本当に凄いんですから。だからね、今出来る事をいつまでも出来るように頑張りましょうね。」って伝えると。

「そうね、お腹いっぱい食べたいって思うし、今出来ることがそうね、幸せね🎵」

なんて言って安心していました。

幸せって人によって考えが様々ですが、今の仕事に携わるようになって幸せの考え方は大きく変わりました。仕事を通じて多くの事を学ばさせていただいていると実感します。

友だち追加